推奨エンコード設定とインターネット接続環境

推奨エンコード設定

クラウドトランスコーディング・モード設定

主なアプリケーションを使用する場合、IBM Watson Media では以下の 720P 解像度の設定によるシングルビットレートでライブ配信することをお勧めしています。

画質 解像度

動画ビットレート

音声ビットレート

サンプルレート

フレームレート 動画コーデック h.264 プロファイル キーフレーム間隔 音声コーデック 音声チャンネル
HD720 1280x720 1,500 - 4,000 kbps 128kbps

44.1kHz または 48kHz

25 / 30 h.264 メイン 1秒 AAC-LC

モノ/

ステレオ

 

フルHD 1080P 及び 4K 配信には、エンコード処理をスムーズに作業できる、より高い性能の機材やコンピューターと、より高いインターネットのアップロード帯域幅が必要です。 これらの解像度で行うライブ配信は、品質を損なうことなくエンコード処理をスムーズに作業でき、かつ、ライブ配信を送信するのに十分なリソースがあると確信できる場合のみに限定されます。 十分なエンコードリソースやアップロード速度を確保できない状況で、高解像度及び高ビットレートの配信を試みると、画質が著しく低下したり、視聴や録画が中断したり、破損したりするなどの原因になります。

 画質 解像度 動画ビットレート 音声ビットレート サンプルレート フレームレート 動画コーデック h.264 プロファイル キーフレーム間隔 音声コーデック 音声チャンネル
HD720 1280x720 1,500 - 4,000 kbps 128kbps 48kHz

25/30/60

h.264 メイン 1秒 AAC-LC

モノ/

ステレオ

HD1080 1920x1080 4,000 - 8,000 kbps 192kbps 48kHz 25/30/60 h.264

メイン/

ハイ

1秒 AAC-LC ステレオ
4K 3840X2160 8,000 - 14,000 kbps 192kbps 48kHz 25 / 30 h.264 ハイ 1秒 AAC-LC ステレオ

 

ローカルトランスコーディングモード設定

ビデオ制作のやり方や、お使いのエンコーディング用機材、使用可能なインターネット回線等によっては、IBM Watson Media のクラウドトランスコーディング・オプションを使用せずに、より低い解像度とビットレート、または、より高い解像度とビットレート設定による配信を希望される場合があるかもしれません。また、最高4種類までのビットレート設定を適用したマルチビットレート配信をすることができます。それぞれの推奨設定は以下に記載しています。

 画質 解像度 動画ビットレート 音声ビットレート サンプルレート フレームレート 動画コーデック h.264 プロファイル キーフレーム間隔 音声コーデック 音声チャンネル
480x270 400 kbps 64kbps 48kHz 25 / 30 h.264 ベースライン 1秒 AAC-LC モノ
640x360 400-800 kbps 96kbps 48kHz 25 / 30 h.264 メイン 1秒 AAC-LC

モノ/

ステレオ

960x540/

854X480

800 - 1500 kbps 96kbps 48kHz 25 / 30 h.264 メイン 1秒 AAC-LC

モノ/

ステレオ

HD720 1280x720 1,500 - 4,000 kbps 128kbps 48kHz 25 / 30 h.264 メイン 1秒 AAC-LC

 モノ/

ステレオ

HD1080

1920x1080 4,000 - 8,000 kbps 192kbps 48kHz 25 / 30 h.264

メイン/

ハイ

1秒 AAC-LC ステレオ
4K 3840X2160 8,000 - 14,000 kbps 192kbps 48kHz 25 / 30 h.264 ハイ 1秒 AAC-LC ステレオ

 

解像度

  • 上記の解像度と 16:9 アスペクト比の設定で、ライブ配信することをお勧めします。
  • 配信の出力解像度は元の映像ソースに合わせるか、それよりも縮小することをお勧めします。例えば、映像ソースを 720P に設定した場合、出力解像度を全く同じ720Pにする、または 540P に設定する等です。
  • 元の映像ソースより高い出力解像度での配信は絶対に避けましょう。例えば、720P で撮った映像を1080P で配信することは無意味なことです。画質が向上することは一切なく、あなた(配信者)にも視聴者にも必要以上のインターネット帯域幅を消費させるだけです。

動画ビットレート

  • 市販されている多くのエンコーダーは可変ビットレートエンコーディングを使用しています。可変ビットレートエンコーダーでは、ビットレートを設定するときに、あくまでもターゲットとしてのビットレートを設定していることになります。コンテンツの中の動きのレベルやキーフレーム間隔に応じて、配信中の実際のビットレートは変動し、ターゲットに設定しているビットレートよりも高くなったり低くなったりします。その為、配信に使用するインターネットのアップロード帯域幅に十分な余裕を持たせられるビットレート設定をする必要があります。
  • 動きが多いコンテンツを配信する場合、常に同じクオリティーで見せるには、高いビットレートが必要になります。例えば、インタビューなど人が座って話をしているだけの比較的動きの少ないコンテンツを配信する場合は、上記の推奨ビットレート範囲内の低めの設定を適用して問題ないでしょう。しかし、同じ解像度でスポーツイベントやコンサートなど動きの激しいものや、カメラワークが多いコンテンツを、動きの少ないコンテンツを配信するときと同じクオリティーで見せるには、推奨値の範囲内で高いビットレートの適用が必要です。
  • より高い解像度で配信する場合、クオリティーを保持するには、より高いビットレートが必要です。配信の解像度を決めたら、上記の設定ガイドラインに沿った設定を適用することが大切です。推奨設定値の範囲内で、様々なビットレートでテストし、納得いく画質になるまで調整しましょう。ビットレートが高すぎたり低すぎたりすると、画質が低下したり、視聴者側の再生バッファリングなどの原因になります。
  • 配信に使用するインターネット回線のアップロード速度が限られている場合は、それに応じて解像度とビットレートを下げる必要があります。

音声ビットレート

  • 動画ビットレートと異なり、音声ビットレートは多くのアップロード帯域幅を必要としません。320kbps を超えるビットレートを使用しても、人間の耳には大きな音質の違いは感じられません。上記の推奨設定を適用することをお勧めします。

サンプルレート

  • サポートしている最高サンプルレートは 48kHz です。これ以上のサンプルレートはサポートしていません。これより高いサンプルレートに設定した場合、配信や録画に問題が発生する可能性があります。
  • 一般に使用されているプロダクション機材では、通常 44.1kHz もしくは 48kHz が採用されます。エンコーダーのサンプルレートは、使用している機材の出力設定と統一する必要があります。エンコーダーと機材のサンプルレートが合致していないと、音の歪みやズレなどの問題が発生します。

フレームレート

  • フレームレートは映像ソースとのフレームレートと一致していることが大切です。
  • 上記の推奨設定ガイドラインは米国のテレビジョン放送方式(NTSC)に基づいています。NTSC 規格の機器は通常 30 fps が使用されています。NTSC 方式で映像制作をする場合は、エンコーダーのフレームレートも 30 fps に設定する必要があります。
  • PAL 方式が採用されている国もあります。PAL 規格の機器は通常 25 fps が使用されています。PAL 方式で映像制作をする場合は、エンコーダーのフレームレートも 25 fps に設定する必要があります。
  • IBM Watson Media では、高フレームレート(HFR)ビデオをサポートしています。つまり、プラットフォームは30 fpsを超えるフレームレートの映像データを受け取り、最高 60 fps までの 高フレームレートのオリジナル映像を配信します。 クラウドトランスコーディングが展開されている場合、オリジナル配信より低い解像度のレンディションには、構成で指定されている低フレームレート(30または 25 fps)で生成されます。
  • 高フレームレート(HFR)ビデオの再生は、視聴に使用する機器に負荷をかけます。古いオペレーティングシステムやローエンド機種のスマートフォンやコンピューターでは、HFR ビデオを再生した時に、再生が止まったり、画質が落ちたりします。そのため、それらの機器を使用している視聴者には、HFR ビデオの再生に問題が発生し、視聴できない可能性があります。

動画コーデック

  • IBM Watson Media では、h.264 を推奨しています。現在、最も多く使用されているコーデックで、高い互換性と率的性を持地、低いビットレートの使用で高い品質を提供してくれます。

h.264 プロファイル

  • IBM Watson Media では、メインプロファイル及びハイプロファイルをサポートしています。それぞれの解像度の推奨 h.264 プロファイルは上記の推奨設定を参照してください。

キーフレーム間隔

  • 長すぎるキーフレーム間隔は最適とは言えないクオリティの原因や、エンコードアーティファクトの原因になります。
  • IBM Watson Media で配信するには、キーフレーム間隔は1秒に設定して下さい。お使いのエンコーダーによっては、初期設定が1秒以外の設定になっているかもしれません。エンコーダーの設定を確認し、1秒以外に設定されている場合は、設定を1秒に変更することが大切です。
  • エンコーダーによっては、「自動キーフレーム間隔」や「シーンチェンジの検出」等の設定があることがあります。これらの設定は予想外のキーフレーム間隔になる恐れがありますので、推奨しません。不規則な間隔のキーフレームを使用して配信すると、画質劣化、バッファリング、その他の配信問題が発生することがあります。 

音声コーデック

  • IBM Watson Media のプラットフォームとの完全な互換性のために、必ずAAC-LCを使用してください。

インターレース方式 vs プログレッシブ方式

  • Ustreamはインタレースビデオを積極的にはサポートしていません。インターレースされたビデオをUstreamに送信することはできますが、エンコードした画像にエラーが生じビデオに影響が出る場合があります。可能であれば、カメラからエンコーダーにプログレッシブ信号を送ることを強くお勧めします。
  • カメラがインターレース画像しか送信できない場合、多くのエンコーダーは元のソースを「インターレース解除」することができます。配信の問題を避けるため、Ustreamに送信する前にこのオプションを選択してください。
  • インタレースの詳細については、こちらのページをご参照ください。

HLSのストリームを含む複数のビットレートとモバイルに最適なストリーム

単一の720pHDストリームの送信をお勧めします。Ustream以外のプラットフォームに低いビットレートのビデオを提供するには、Ustreamクラウドトランスコーディングをご使用ください。

  • UstreamではRTMP経由で複数のビットレートの取り込みをサポートしていますが、このサポートは十分なエンコーディングパワーと十分な帯域幅を持っている場合のみでお使いいただけます。
  • Ustreamではただ今、 HLSストリームの直接の取り込みをサポートしていません。その代わり、 Ustreamのクラウドトランスコーディングで、着信RTMPストリームからHLSのバージョンを作成することができます。
  • Ustreamのクラウドトランスコーディングと複数のビットレートのUstream上の配信の詳細、デスクトッププレーヤーやモバイルデバイスに配信される正確な解像度やビットレートなどの詳細は、こちらをご参照ください。ユーストリーム上での複数ビットレートの配信

IPカメラ、 RTP、 RTSP、 HJS、その他の配信プロトコル

  • ただ今UstreamではRTMP配信の取り込みだけサポートしております。
  • UstreamではRTMP、HTTP、 HLS経由の配信を視聴者に提供しています。
  • IPカメラまたは、RTSP経由でのみストリームを配信することができるデバイスをお持ちの方はこちらのリンクをご参照ください。Ustreamで使用可能なRTSPソースのRTMPフィードへの変換方法が記載してあります。UstreamでIPカメラを使用

推奨ネットワーク設定・環境

推奨するインターネット回線

  • ライブストリーミングを成功させるためには、クオリーティのよいインターネットの接続が必要です。メールをチェックしたりウェブページの検索ができるだけの接続では不十分な場合があります。特に途切れることのないHDストリームにはクオリティーが問題になります。
  • 全ての接続が同じクオリティーではありません。WiFiは通常クオリーティに変動があるので、イーサネットの使用が必要です。
  • セルラー(3G/4G/LTE)接続はあまり信頼できません。ワイヤ使用のイーサネットの使用または携帯接続を介したWiFi接続をお勧めします。しかし、接続のタイプは1つの問題因子にすぎません。接続の種類ごとに十分な帯域幅があることをあらかじめテストすることが重要です。
  • 大人数で同じ接続を共同していないことをお確かめください。例えば、会社のオフィス等で共同の場合、使用人数によって接続のクオリティが異なってきます。
  • 帯域幅をストリーム専用にすることをお勧めします。もし広域の帯域幅を少人数で共有している場合は問題ありませんが、多人数でひとつの接続を共有している場合必要な帯域幅が得ることができません。ストリーム専用にするか、接続の共有を最小限の人数にしてください。
  • もし可能でしたら、以下のリンクをITスペシャリストにご提示ください。Ustreamの放送と視聴のためのファイアウォールポート設定
  • 会社や団体のネットワークをお使いでない場合は、ご使用のインターネットプロバイダーにご連絡ください。

 帯域幅

  • エンコード設定を選ぶ際、アップロード帯域幅を考慮する必要があります。
  • speedtest.net などを使って、アップロード速度を測ることができます。このスピードテストをする際、実際に配信をする時に使用するインターネット接続に接続していることが重要です。
  • ストリームのビットレートが50%以上の帯域幅の許容範囲を越さないことが高質のストリームを成功させるのに理想的です。例えば、ネットワークテストツールでアップロードスピードが2Mbpsを示したとします。その場合、音声と動画のビットレートは1Mbpsを越さないのが理想です。
  • HD高画質で配信したい場合、少なくとも3-8Mbps アップロードスピードが必要です。
  • 配信にバッファ、中断、切断が頻繁に起きる場合は、Ustreamのウェブブロードキャスターやプロデューサーの設定を低めに、またはエンコーダーのビットレートや解像度を低く設定すると解決されます。

推奨するエンコーダー・ハードウェア環境

CPU リソース

  • お使いのエンコードCPUでエンコード設定ができることを確認しましょう。
  • HDの配信やビットレートの高い配信は、キャプチャとエンコードにかなりのCPUが必要になります。
  • 配信が途切れがち、一時停止しまた再生、エンコーダーのアーティファクトが表示される、フレームが落ちる、プレイバックの際予想よりフレームレートが低い。これらはお使いのCPUがライブビデオのエンコードについていけないというサインです。
  • インプット解像度のサイズ、配信のアウトプット解像度やビットレートを下げることによって、これらの問題が解決されます。
  • UstreamプロデューサーやFMLEのお使いの場合、CPUの使用量やエンコード中にフレームの安定をチェックことができます。その他の一般的なプロフェッショナルエンコードプログラムでも確認ができます。CPUを確認しそれに応じて設定を下げましょう。フレームレートの低いビデオはひどいものです。配信はフルフレームで解像度を下げましょう。例えば、640x360に対して720HDでもたったの12フレーム毎秒。
Powered by Zendesk